渓流や管理釣り場(エリアフィッシング)のアイデアトラウトルアー研究所

ライトアンダーリグ

軽量ルアーでも飛び出さない、深場も狙える新世代のルアー用リグ

アクションを損なうことなく重量をアップさせるリグ

ルアーフィッシングにおいて、状況がシビアになるにつれ、小さなシルエットなものにしか魚は反応しなくなり、シルエットの大きなルアーはなかなかバイトしてくれない。当然、ルアーのサイズダウンは重量を落とすこととなり、飛距離のダウンや沈下速度の低下で、攻める範囲は狭まり、手返しは悪くなるデメリットを発生させる。そこで登場するのがこの『ライトアンダーリグ』です。小さなシルエットのルアーをアクションを損なうことなく重量をアップさせる為の全く新しいジグです。

この『ライトアンダーリグ』のシンカーはラインの延長線上に常に位置しており、シンカーのウエイトをラインに常に与え続けることとなります。リトリーブを開始すると、シンカーはルアーに対して常に下方位置となります。このライン、シンカー、ルアーの配置により、ルアーがシンカーのウエイトによってバランスを崩すことなく、ルアー本来が持っているアクションを起こし、小さなルアーでもしっかり水を噛みながらのアクションを可能とします。スピナーのような形状でラインの糸ヨレやスプーンの回転が心配されそうだが、低重心設計で、シンカー部が常に下方で定位しているので、速い流れの中でもスプーンの動きは安定しており、回転する心配は全くありません。

水中動作


 

小さなルアーで渓流での「逆引き」「ドリフト」「ホバリング」に効果絶大

渓流で使用するスプーンは3~5gが中心となります。ベイトが小さく、アングラーのプレッシャーが高まりトラウトがスレてくるシーズン後半に、気難しいトラウト達を攻略するにはルアーのサイズダウンは理にかなった選択となります。実際に、渓流のトラウト達が捕食している体長0.5~1センチ程度の虫なので、一般的なスプーンやミノーではシルエットが大きすぎフライフィッシングが有利だと言われるのは否めません。

しかし、軽量なスプーンでの逆引きでは、スプーンが浮いてしまって、レンジキープができなくなり、さらにはバランスを崩して水面から飛び出してしまうデメリットが発生します。このサイズダウンとウエイトアップを同時に解消するには、肉厚のスプーンとなってきますが、タックルへの付加、根掛りデメリットが多くみられます。さらに、アクションが緩慢となり、釣果も期待できないものとなります。

そこで、軽量スプーンにシンカーの重量をプラスしたのが、この『ライトアンダーリグ』です。シンカーをシャフトの末端に配置させ、その直上に軽量スプーンをクレビスを介して設置してあります。スプーンの前部のアイ部分のR形状と球状のシンカーのR形状が重なる配置となることで、スプーンとシンカーの一体感はトラウトに違和感を感じさせません。また、ヘッドがトラウトの好むエッグ形状でバイトを誘発して魚卵イミテーション効果でさらなるのアピールを誇ります。

このシンカーによる低重心のシステムにより、軽量のスプーンであっても流れの中でも安定性を持ち棚をしっかりキープします。小さいサイズのスプーンが奏でる細かく短いピッチのアクションは水中に伝える波動が大きく、ヤル気のあるトラウトの好奇心を大いに刺激します。

フィールドを選ばず、タダ巻きでも十分にトラウトを誘惑します。リズム良く泳がせたり ダートな感じに躍らせたりと、アングラーのイメージをそのまま演出させられることも可能で、様々なシーンでトラウトを魅了させ確実にヒットとへ持ち込む頼もしさも持ち合わせます。さらに、渓流ではカバーを貫きやすく、ポイントに対してタイトにストンッと落とせ、着水直後からの攻略が可能なハイレスポンスで、より攻略の幅が広がるはずです。

渓流逆引き動作


 

管理釣り場では飛距離アップと深場攻略を狙う

管理釣り場で使用すれば、抜群の飛距離と深場攻略の大きなアドバンテージが得られます。マイクロスプーンであっても、アクションを損なうことなく重量をアップさせることが可能であり、大きく飛距離をアップさせる全く新しいシステムです。エリアフィッシングにおける軽量ルアーの飛距離アップのメリットは効果絶大であり、今まで狙えなかったエリアも射程圏内になるはずです。

さらに、マイクロスプーンをボトムトレースで深場攻略が可能です。管理釣り場において活性が末期状態となるとボトムの釣りとなるが、底に落として上へ跳ね上げてもすぎに見切られる。そんな時、スプーンを浮かせず、ボトムでマイクロスプーンをアクションさせ続けるこのシステムは効果絶大です。
 
ニジマス
※低活性時でもボトムに潜む大物をターゲットにできます。
 

海のルアーフィッシングにも使える新世代のルアー用ジグ

シンカーがボトムの形状をキャッチしながらトレースするズル引きが可能です。ワームなどで地を這う虫や甲殻類を演出したり、フローティングミノーを使用すれば、底を啄ばむ小魚までも演出可能で、底に潜む大物にも対応できます。もちろん、フローティングミノーは浮いているので根掛りによるルアーロスト回避もできます。捕食性の魚に最高のアピールを演出してくれます。
 

ライトアンダーリグのメリット

★逆引きでも軽いルアーの浮きあがりを抑える
流れの中で水圧に負けて飛び出してしまうルアーをしっかり沈めてアクションさせる。軽量ルアーでもダウンストリームで送り込みの釣りが可能。ドリフトやホバリングで喰わせる。

★飛距離アップでこれまで届かなかった場所まで届く
シンカーの重さが加算した分だけ飛距離がアップします。エリアフィッシングで軽量で飛ばなかったルアーンをシンカーが目的地まで牽引。

★沈下速度アップで手返し抜群
直リグのように素早くルアーがフォール。ルアーがアクションしながらフォールするので魚の本能を刺激する沈下に対応する。

★ボトムのズル引きが可能
シンカーがボトムの形状をキャッチしながらズル引き可能。根掛りによるルアーロスト回避もできます。
 
※PAT.P
特許出願中
 
アブガルシア特集
 

Return to Top ▲Return to Top ▲