渓流や管理釣り場(エリアフィッシング)のアイデアトラウトルアー研究所

メタルワーム

メタルでありながら嫋やかなアクションを生み出す潜りのスペシャリスト

メタルヘッドを包み込むタイトなローリングアクションを実現

深いレンジに潜むトラウトに対して、スプーンやヘビーシンキングミノー、ディープダイバーミノーが存在する。沈むスプーンと潜るミノーとの違いはあるが、渓流にはスプーンでは浮き上がってしまう流れが存在しており、そんな流れに耐えるリップミノーには水を噛み過ぎてしまうとレスポンスが鈍くなるデメリットが存在する。また、これらのスプーンやリップミノーにはボトムに到達させるためには軌道が必要となり、ショートレンジでの攻略が難しく、さらに、深場ではアクションを入れた瞬間に浮き上がるというデメリットもある。

深場でのスレた大物トラウトを狙う為には、ショートレンジで攻略でき、深場で我慢してくれるレンジキープ力が必要とされる。そこで、解決法としてリップを大きくしたりウエイトを上げる手段もあるが、当然、ルアーのアクションは消失してしまうこととなる。

そこで考案したのが『メタルワーム』。メタルヘッドとスリムボディーをハイブリッドした異色のニューコンセプト鉄板系ルアーです。一瞬で深く潜り、レンジキープさせ、大きく揺動するルアーです。

強制的に潜行させるために、ジグヘッドのようにヘッド部分にシンカーを配置しました。この結果、ヘッドのシンカー部分に重心が集中化することによって、アクションに大きなキレも同時に生みだすことが出来ました。

このヘッド部分への重心の集中化と、立体的でL字状にくねった独特のフォルムにより、メタルヘッドを包み込むようなタイトなローリングを発生させ、スイミングでは、まさにナチュラルベイトそのもの。ソフトルアーを思わせるナチュラルで柔軟な3Dのアクションはメタルミノーの領域を超越して、バイト率を飛躍的にアップさせます。さらに、リフト&フォールではベイトが異変に気付き身を翻すようなアクションを演出をも可能としました。

ヘッド部分に重心を集中化させ強制的に急速沈下させることで、ショートレンジでもしっかりルアーを未知なる領域まで一気に到達させ、大物トラウトもダイレクトに誘い出します。

メタルワーム Vel.2 動画

メタルワーム
※ハイプレッシャーで底にへばりついた魚の目の前でジャークを繰り返す「ボトミング」に最適なルアー。


 
アブガルシア特集

Return to Top ▲Return to Top ▲