渓流や管理釣り場(エリアフィッシング)のアイデアトラウトルアー研究所

メタルツイスト

ナチュラルベイトを意識させた新次元のアクション

ジョイントのアピール力はミノーの領域を超越

今までに無かった新次元のアクションにトラウトも狂乱します。最大の特徴は、ボディーが前後に分かれたセパレート構造。フロントがローリングアクションを担当して、リアがウォブリングアクションをするテールを実現。当然、リトリーブで使用すればジョイントらしい生命感あふれるクネクネとしたスイムを見せてくれ、トラウトにナチュラルベイトを意識させます。

トゥイッチを使えば、ヒラ打ちや前後がねじれる派手な動きを見せてくれ、積極的なロッドワークにも対応。リトリーブの速度を単に変えるだけでもルアーが簡単にバランスを崩してトリッキーな動きを見せ、バランスを崩した後のリアクションでもバイトを誘えます。また、フロント部分のベンドが水噛みに優れるため、直アップの使用でも優れたバランスを見せ、ダウンではリアを流れに絡ませることで、左右に大きく揺れる不安定なウォブリングアクションでトラウトを魅了します。

このわずかな水流でもキャッチしてボディをクネクネさせる独特のアクションは、ツイストダンスをしているような艶めかしいナチュラルアピールで、小魚や昆虫などのエサをトラウトに意識させる食性を重視させたルアーです。食性を刺激するナチュラルなアクションは、タフな厳しい状況下でも有効で、アピール力はミノーの領域を超越します。

ミノーのアピールに慣れたトラウトにドリフト釣法
トラウトの着き場を狙うルアー

投げて巻くルアーフィッシングは、活性の高いトラウトには効果があるが、ハイプレッシャーの渓流では、ミノーのトゥイッチングでトラウトを反応させることは極端に難しくなった。特に居着きの大物トラウトはボトム周辺やストラクチャー周りなど、自分の定位置から離れず、危険を冒してまで姿を現してくれない。

さらに、ルアーフィッシングでは、魚の定位する場所には少しの時間しか入ることができず、リトリーブの釣りに対して、追い喰いしてバイトに至る大物は、よほどの好条件がないと難しいのが現状で、流れに乗せてトラウトのいる場所にエサを運び込む餌釣り、テンカラ、フライフィッシングには、やはり敵わないところがあります。

大物トラウトは一定の場所に身を潜め定位しており、それぞれ餌を待つ場所がある。石裏や流れの緩い場所で、じっと上流から流れてくる餌を待っている。要はいかにそこへルアーを自然に、小魚や虫が流れに揉まれて落ちてくるように演出するかが重要となります。

こんな時、ルアーをリトリーブするのではなくドリフトさせる釣りが有用だとされています。底の形状を予測しながら、ルアーを流れに絡ませるようにしてドラグフリー状態で流し、時折ショートピッチなリフトアクションを入れる。魚が餌を待つ場所にルアーをアピールしながら送り込む釣法です。

そこで、このドリフト釣法をミノーで試みるが、ミノーではリップに水圧を噛ませないと浮いてしまい、ある程度の経験とテクニックが必要とされ、一般のルアーマンでは、ルアーを流れに同調させ、虫が流れ落ちてくるようにするのは困難だと思われます。

そこで、簡単にドリフト釣法ができるルアーがこのメタルツイストです。このルアーをアップストリームにキャストして、ルアーを沈下させ流れに絡ませるようにドラグフリー状態でナチュラルドリフトさせます。水流に絡んだフロント部とリア部が別々のアクションを生みだしながら流下していきます。ルアーが底に着くのを感じたらロッドを軽く煽ってリフトさせます。

そして、カケアガリや石周りなどトラウトが着いていると予測されるポイントで、小さなシェイク&ジャークなどの断続的なアクションでトラウトにアピールすると、フロント部とリア部分がスナップを支点として開いたり閉じたりするクネクネとした動きを見せ、生命感溢れる捻じれアクションとキラメキでトラウトにアピールします。

さらに、「ココ」という場所でリトリーブしてルアーを急にターンさせたり、限界まで流して扇状にスイングさせたりすると、ジョイントされた前後が個別のアクションを生み出しながらスイムを開始してさらなるバイトのチャンスを作りだします。

このように、メタルツイストは、素直に流れに逆らわず目の前に流れ落ちてくる「都合の良い捕食対象」を表現して、これまでルアーフィッシングでは点でしか誘えなかった、対岸寄りの流芯の反対側、対岸の岩盤沿い、対岸のぼさ下、手前に石などの障害物を挟んだ向こう側を、餌釣り、テンカラ、フライのように狙うことが可能となります。

さらに、ミノーにスレてしまったハイプレッシャーの渓流、トラウトの動きにくい早期、水温が上がり白泡のなかに入ってじっとしている夏場の日中など、様々なシチュエーションでも活躍してくれるルアーです。
 

逆引きでの水中動作


 
アブガルシア特集

Return to Top ▲Return to Top ▲