渓流や管理釣り場(エリアフィッシング)のアイデアトラウトルアー研究所

メタルリーチ

ボディをクネらす幻影を生みだす独特のアクション

ナチュラルベイトを意識させたルアーフィッシング

昨今の渓流はミノーイングが圧倒的であるため、ミノーのトリッキーな動きにトラウトが慣れを感じていることを無視できない。ルアーマンの先行者がいた場合などはなおさら、人と違う引き出しが必要となってくる。特にスレを起こしたトラウトには、シンプルに違いを見せることがバイトにつなげる重要なポイントとなってきます。

この「メタルリーチ」は、ボディの「凹」部分のカップが流れをよく掴むことにより、ボディ全体がローリングアクションを生みします。ルアー本体が弓なりのアールをもつことから、カップによってもたらされたローリングアクションは、これまでのミノーやスプーンに見られないボディー全体がしなるような柔軟な揺らめきを発生させます。

これは、人間の目の錯覚によって、ソリッドボディーが揺らめくように柔軟に見えるのですが、もしもトラウトの動態視力が人間に近い構造だとしたら、トラウトにも目の錯覚として、クネクネ、ウネウネの艶かしいアクションをアピールしてくれているはずです。

このボディをクネらす独特のスイミングの様子は、艶かしい究極のナチュラルアクションとなり、ミミズ、ゴカイ、ヒルなどの環形動物や弱り横たわる瀕死の小魚をリアルにイミテートして、不規則に入り続ける小刻みなイレギュラーアクションがフィッシングプレッシャーなどで追いの弱くなったトラウトをも追尾させてバイトに持ち込ませる力を持ち、低活性のトラウトも堪らずバイトに至らせます。

これまでのミノーイングのロッドアクションによるトイッチングやジャーキングによるトラウトをリアクションバイトに持込むというイメージから、餌釣りのゼロ釣法、フライフィッシング・テンカラといった エサを意識させたルアーフィッシングだと言えます。

また、このメタルルアー「リーチ」は、細身のシルエットで流れに強く、ロッドワークへの反応にも優れます。アップストリームのナチュラルドリフト、クロスやダウンストリームのドリフトやホバリングなどとキャスト方向を問わずオールマイティーなメタルルアーと言えます。独特なサーフェイスが水流干渉を発生させ、絶妙なイレギュラーアクションを生みだし、メタルボディーのフラッシング効果により、広範囲のトラウトを確実に引き寄せます。
 

逆引きでの水中動作


 
メタルリーチ
 
trout04
 
アブガルシア特集

Return to Top ▲Return to Top ▲