渓流や管理釣り場(エリアフィッシング)のアイデアトラウトルアー研究所

スプーン用ジョイントテール

煌きと波動を起こすボディーでトラウトを誘い、アピールするテールで食わせる

柔軟でナチュラルな蛇行アクションがトラウトの食性に訴える

現在の渓流ルアーは、アングラーのハイプレッシャーとハイシーズンの魚数の減少により非常に難しいものとなっています。そんな中で、最も使用頻度が高く、多くの釣り人に愛用されているのがミノーといえるのではないでしょうか。しかし、トラウトに対してスレ傾向のミノーをロッドアクションによるトゥイッチングやジャーキングで駆使するもワンチャンスの戦略であり、結果、思うような成果が得られていないケースが多いのが現状といえます。

これはやはり、ミノーイングがトゥイッチングによるリアクションバイトの傾向が強く、餌釣りやフライフィッシングの自然な形で口を使ってくるベイトタイプの釣りには、ルアーフィッシングが敵わない要因といえるのではないでしょうか。これはミノーのみならず、スプーンやスピナーにしても、かもしだす波動がトラウトの好奇心を刺激しバイトに至らす印象が強くあります。

そこで、新たに渓流ルアーにおいて、ベイトを意識したルアーができないかと考案したのが『スプーン用ジョイントテール』です。この特徴は、スプーンにジョイントさせたテール部分にあり、スイミングフック(天国針)のバッキングラインの部分を通常より長くとり、スプーンブレードの動きを妨げない浮力体のボディーを取り付けたものです。

スプーンに浮力体のテール部分を加えることで、スプーンの動きに加え、テール部分の追随するアクションが新たに加わり、前後の別の揺動がハードルアーとは思えない柔軟でナチュラルな蛇行アクションを生み出します。

これは、スプーンにあった威嚇行為や反射喰いを狙ったものではなく、ベイトを意識させた揺動で、テール部分が魚の尾やテレストリアルの足や尻尾を表現して、弱った小魚や流されてもがくテレストリアルなど、エサ的な動きをみせてくれます。トラウトの食性に訴えることで、誘因効果が大きく、継続的な集魚とヒット率に優れたものとなります。

このルアーは、一般的なミノーやスプーンよりも幅広に身をくねらす艶めかしいハイアピールアクションが特徴として、2連結ボディーが繰り出す魅惑のアクションは、高速ではキビキビと活性の高いトラウトを魅了して、低速ではクネクネと低活性時の底に張り付いたトラウトに効果的にアプローチできます。さらに、トゥイッチングによって、テール側が抵抗となり移動距離の少ないヒラ打ちも実現可能です。ミノーとは違った独自のアクションでスレたトラウトも完全に魅了します。

また、このルアーは、ミノーのメリットとスプーンのメリットを融合しています。流芯、ヒラキ、瀬、肩などでは、ミノー以上に生命感溢れる動きを見せてくれて、巻き返し、落ち込み、淵、堰堤などでは、スプーンのようにフォールで深場を誘いたい場合や縦の釣りを実現します。さらに、飛距離を稼いで、レンジも広範囲で探れ、早い沈下で障害物についたトラウトへ確実にアピールできるなどのメリットがありますので、使用する場所を限定しないオールラウンダーといえるのではないでしょうか?

水中ではスプーンが光を反射してキラキラと輝き魅せてトラウトの興味を引いてくる。そして、テール部分のボディーが引き起こす振動や波動が、魚にルアーの大きく存在を伝えてくれます。トラウトの側線は非常に発達した器官だと言われています。視覚のみならず、水中に伝わる振動や波動によってもトラウトがルアーを認識しているとしたら、『スプーン用ジョイントテール』が醸し出すメタル部分とテール部分の複雑な振動や波動には大きなメリットがあります。キラメキと波動でトラウトを誘い、アピールするテールで食わせるという図式ができているルアーといえます。

自由度の高いテール部分の動きから生まれるアクションが、イレギュラーな動きを演出して、ルアーの新たな世界を切り開きます。ルアーの動きによって水圧を受けたテール部分はルアーが右ならフテール部分は左と、進行方向の逆側に残ろうとする力が働く為、追尾するトラウトにテール部分を口先に置くイメージで泳がすと、トラウトの目前でテールがちらつくようになる。そうなれば、あとはトラウトに口を開いてもらうだけである。テール部分のうねるような波動は、トラウトの本能を刺激して、見切る前に喰わせ、バイトを誘います。スレ切ったトラウトも思わず口を使ってしまいます。

当然として、テール部分をアタックポイントとしてトラウト喰ってくるから、パワーの無いバイトでもファイト中はトラウトの動きにちゃんと追従するので、高確率で拾える上にバレにくい。柔らかさがあるテール部分が、ショックアブソーバー的な役割を果たし、喰いこみの良さはバツグンで、喰った瞬間にトラウトに違和感も与えません。

トラウト類は卵を食べる習性があり、丸い物が好きと良く聞かれます。魚卵効果を狙った丸形状で、一体感を持たせる為にブレード部分と同一色を作成しましたが、テール部分の形状と色の様々な組み合わせで、様々なバリエーションをもつことが可能で、ルアーフィッシングの戦略を楽しむことも可能としてくれると思います。

カラーバリエーション例

ルアー

水中動作

スレっからしの大物対応

アマゴ

ジョイントテールのキャスト方向と戦略

・アップストリームでベイトを意識させる
ヒラを打たせることで長くアピールが可能。トゥイッチとリーリングの組み合わでトラウトの興味や闘争心を刺激して食わせる。

・クロスストリームでドリフトによる攻め
対岸のシェード下の魚や落ち込みの脇やエグレなどをドリフトで食わせる。

・ダウンストリームで送り込みの釣り
トラウトにゆっくり十分に見せてホバリングで食わせる。

ジョイントテールの季節別戦略

・早春
早春の動きの緩慢なトラウトに追わせるのではなく、移動距離を抑えながら、動きを大きく見せて、口を使わせる動機を与える。

・盛期
ミノーにスレが進みがちな盛期には、警戒心を高めたトラウトに目先を変えさせ刺激する。

・夏
夏の渓流でスピナーの替わりに、シャローを流して好奇心を刺激させたり、テレストリアルを意識させた食性に訴えたりする。

・秋
秋には食性が減退して産卵の為に体力を温存するトラウトに対して大きいアクションで威嚇させる。

 
アブガルシア特集

Return to Top ▲Return to Top ▲