渓流や管理釣り場(エリアフィッシング)のアイデアトラウトルアー研究所

クローラー

「ハイアクション×ロースピード」のアップストリーム専用のローリングルアー

これまでに無かったアップストリームに最適なルアー

ルアーフィッシングに関しては、エサ釣りやフライフィッシングのように、ルアーが流下するスピードを実際のトラウトのメインのエサである虫に近づけようとする意識が希薄であると言えるでしょう。エサの流下速度そのものがトラウトにとっては捕食すべきか否かを判断する大きな要素となっているはずであるが、流速より早くリトリーブする必要があるルアーフィッシングの特性から諦めてしまっている要素である。アクションをさせながらエサの速度に同調させることが出来れば、ルアーであってもセカンドバイト、サードバイトまでもが期待できる筈である。

最適なアップストリームのルアーは何か?というコンセプトから生まれたのがこの『クローラー』です。その答えは「ハイアクション×ロースピード」。ルアー自体はハイアピールしつつ流下速度を抑えた方がバイトに至らせやすいとの考えのもとで、着水と同時に水を掴んでハイアクションを起こしながら、ルアーに引き抵抗を最大限にもたらすことで流下スピードを抑止したアップストリーム専用ルアーです。

最大の特徴はベンド部分。大きくテールに向かい直立に近い形に湾曲したボディーは、着水と同時に水を掴んで素早い180度高速ローリングアクションを実現します。さらに、大きなテールの水噛みの良さが引き抵抗を生み出し、ルアー自体はハイピッチでアクションしているのにもかかわらず。引き抵抗の強さから流下スピードが遅いルアーを実現しました。

水を噛み過ぎてスプーンが回転してしまうと思われますが、ルアー上部にラインアイを設置することで常にラインアイ側が上面を維持して、ルアーが回転するギリギリ寸前でアクションが復元させることが可能です。また、アクションが速くなれば、その分フックの動きも速くなり、針先が暴れてしまうもですが、フックアイの位置を動きの激しいテール部ではなく、ルアーの運動軸上に設置することにより、フックの暴れを抑制。ショートバイトでも確実にフッキングに持ちこめる設計になっています。

トラウトの「食性」を刺激するルアー

流速と同じスピードで上流から下流に流すイメージでアプローチすれば、流下してくるものを捕食しているトラウトにエサそのものをルアーで演出できます。自然なアピールがトラウトの素直なバイトを誘ってくれ、ナチュラルに見せる流下はハイレッシャー下でも活きてくるはずです。流下する餌を演出し、見切りを防ぎ、自然な流下速度でアピールしてトラウトを狙うエサ釣りやフライフィッシングと同じ効果を生み出せます。

トラウトの「好奇心」「攻撃性」を刺激するルアー

ハイピッチアクションと大きな波動がゆっくりと流下してくれば、側線力が敏感なトラウトにとっては、とても興味をそそる存在である。ハイピッチアクションと振動と光、そして流下スピードの遅さがトラウトの「好奇心」や「攻撃性」を刺激しているなら、これほど理に適っているルアーはないはずである。
 

逆引きでの水中動作


 
アブガルシア特集

Return to Top ▲Return to Top ▲