渓流や管理釣り場(エリアフィッシング)のアイデアトラウトルアー研究所

ブレードランナー

追尾するトラウトの見切りをなくした進化系ハイアピールスピナー

集魚のスピナーから食わせのスピナーへの進化

スピナーは以前から「虫の時期に使う」とされており、水生昆虫のハッチや昆虫の落下・流下への反応が強い夏場に強いルアーです。古い歴史を持ち、渓流では今もなお高い人気を誇るルアーです。シンメトリックな動きをするミノー・スプーンとは異なり、ブレードの回転でトラウトを惹きつける表層のタダ巻きで魅せる夏の究極のルアーです。

現在の渓流ルアーシーンで、このスピナーをメインで使用しているアングラーは、ミノーやスプーンと比較すると少数派だが、水生・陸生昆虫が多く発生する初夏以降の旬の時期には多くの方がごぞって使っているルアーと思われます。

しかし、これまでのスピナーでは、多くのトラウト達を集魚する作用はあるのだが、追尾の結果、決定力を持たずに見切られるケースが数多くあった。これは、追尾したトラウトの目前で、アクションを起こさないボディーとフックが見切りの原因と考えられます。であるならば、いっその事、ブレードを最後尾に設置して、追尾したトラウトの見切りを解消してみることを狙ってみました。

これまでのスピナーは、その動きを確かめながら追尾しつつ喰ってくる観察されるルアーであったのだが、このブレードを後方に配置した『ブレードランナー』は、トラウトの目前で波動とアクションを起こさせることで、これまであった「追尾したトラウトの見切り」をなくすことを可能としました。

また、スピナーにあったボディーの代わりに、フックに赤いプラスティックボールを設置することで、『トラウトにアタックポイントを与える』『フックのライン噛みを防ぐ』などのメリットも加えました。

これまで表層攻略がメインのスピナーでしたが、『ブレードランナー』は、ブレードの前にタル付オモリを付随させることで沈下しやすく、ボトムから斜め上方向にリトリーブすると、水生昆虫が川底からフワフワ浮き上がるような羽化をトラウトにイメージさせ、ボトムに潜む大物をもターゲットにも対応できます。

これらの改良により、極めて小さいサイズでありながら、スローリーリングするだけで高出力のアピール生み出し、食わせでは違和感を与えないサイズで、トラウトを十分に誘発できるスピナーが出来あがりました。さらに、速巻きでも水面から飛び出しにくい優秀なスピナーであり、イワナなどはブレードそのものに対する反応が良いので、イワナ狙いにも適したスピナーです。

水中動作


 
トラウト

関連ページ

ブレードランナーの管理釣り場(エリア)バージョン

 
アブガルシア特集

Return to Top ▲Return to Top ▲