渓流や管理釣り場(エリアフィッシング)のアイデアトラウトルアー研究所

安価で自宅で簡単に出来るメタルルアー

メタルルアーを自宅で製作してみましょう!ここでは、形状が単純でありながら、タダ巻きでは良く泳ぎ、アクションを入れるとトリッキーな動きをしてトラウトを誘惑する「ハスルアー」や「バック&フォース」を代表とする『くの字』形状のルアーをハンドメイドしてみます。

必要な道具

ルアーメイキング・必要な道具

  1. ハサミ
  2. ベンチ
  3. ヤスリ
  4. ドリル
  5. クリップ
  6. セロテープ
  7. クリップ
  8. エポキシ樹脂接着剤(ボンド・クイック5)
  9. コーティング剤(ZEST一液ウレタンクリヤー・スプーン専用)

必要な材料

メタルルアーメイキング・材料一覧

  1. アルミ板(0.3mm)
  2. 板オモリ(0.25mm)
  3. ホロシール
  4. スプリットリング
  5. フック

 

作業手順

1.アルミ板に型を描く

ルアーメイキング01
今回は「ハスルアー」のコピーを自作してみます。
スプリットリングとフックを外した「ハスルアー」をアルミ板に写し取ります。

2.アルミ板をカットする

ルアーメイキング02
アルミ板を型通りにハサミでカットします。
カットしたアルミ板の表面は接着剤などで汚れない様にセロテープでマスキングします。

3.アルミ板を屈曲させる

ルアーメイキング03
コピーした「ハスルアー」を参考にボディにカープを作ります。
自分の任意の位置で屈曲させて実験してみるのも面白いです。

4.板オモリを接着する

ルアーメイキング04
必要量の板オモリ(2枚重ねで最終的に2.6g、3枚重ねで3.8g前後の完成ルアー)を用意。
大きめにカットした裏面に使用するアルミ板(片面をセロテープでマスキング)を用意。

5.アルミ板を接着する

ルアーメイキング05
エポキシ樹脂接着剤を全面に薄く塗り、板オモリをアルミ板で挟んで接着させます。

6.クリップで固定する

ルアーメイキング06
接着させたアルミ板と板オモリをクリップ(または洗濯バサミ)で固定します。
念の為、半日以上は動かさないようにします。

7.ハサミでカットする

ルアーメイキング07
余分な板オモリとアルミ板をカットして取り除く(ハサミでカット可能)。
切断部分は鉄ヤスリ等で整えます。
スプリットリング用の孔をドリルや目打ち等で前後に2ヶ所空けます。

8.ホロシートを貼る

ルアーメイキング12
お好みでホロシートを貼ります。

9. コーティング剤に浸ける

ルアーメイキング09
吊るしたルアーをコーティング剤に浸けます。

10.ルアーを乾燥させる

ルアーメイキング08
コーティング剤に浸けたルアーを吊るして乾燥させます。
乾燥したら再度コーティング剤に浸け、2~3回繰り返します。

11.スプリットリングとフックを付ける

完成ルアー
最後にスプリットリングとフックを付ければ完成です。
1個あたりのコストは100円未満となります。
後は渓流へGO!!
 
岩魚
逆引きのドリフトが得意なルアーです。
 

オリジナルルアーを作る

前記のように、簡単に『くの字』形状のルアーが製作できますが、ルアーの大きさ、ルアーの形状、カーブの位置、カーブの角度、オモリの量などを変えることで、自分だけのオリジナルルアーが簡単にできます。試行錯誤でカスタムメイドしたルアーにトラウトがヒットしてきたら、ロッドから伝わるトラウトの躍動感にどれだけ感動するでしょう。購入したルアーでのヒットとは、桁違いの達成感を覚えることでしょう。是非、オリジナルルアーを製作してみてください。

関連ページ

 

アブガルシア特集

Return to Top ▲Return to Top ▲