渓流や管理釣り場(エリアフィッシング)のアイデアトラウトルアー研究所

メタルフラップ

スプーンのフロントアイのポジションを変更するという新たな戦略

ショートピッチのアクションで追尾するトラウトのバイトを誘う

エリアフィッシングの戦略として、通常でれば強いウォブンロールのスプーンから、トラウトのスレに対して、ロールアクションのスプーンへのローテーションがあり、さらに、シルエットサイズ(重量)によるローテーションが加味されていくのだが、ここで「メタルフラップ」が新たに加えたのがフロントアイのポジション移動。

フロントアイのポジションを後方移動させてることにより、アクションの支点を後方に移動させ、さらに、通常より大きくワイドなスナップ(SIZE:2)で結合することにより、ルアーのサイズを落とすことなく、タダ巻き時においてショートピッチでタイトなウォブリングアクションを出現させます。このリトリーブ時にわずかな水流が生み出されるショートピッチのアクションがトリガーの役割を果たし、大型トラウトやスレたトラウトに有効な波動を生みだします。

ルアー自体はレギュラーなアクションであっても、アクションの可動域を後方に下げたことで、追尾するトラウトにキビキビと小刻みに悶えるような波動を与えることで、これまでのスプーンでは反応するがバイトに持ち込めない時や、水温の下がる冬場、フィッシングプレッシャーで食いが下がったなどに、誰もが簡単に使いこなせるスプーンです。
 
アブガルシア特集

Return to Top ▲Return to Top ▲