渓流や管理釣り場(エリアフィッシング)のアイデアトラウトルアー研究所

ルアーフィッシングにテンカラ釣法を取り入れる

メタルツイスト
盛期のテンカラは、12番~14番の大きいサイズの毛バリを使い、水面あるいはその直下を自然に流していく。ただし、盛期といっても常に水生昆虫の羽化があるわけではありません。トラウトのライズも常ではありません。ただし、そんな時でもトラウトの喰い気が落ちたわけではないので、依然として毛バリでのテンカラ釣りは有効です。

この場合には水面近くの毛バリよりも、10cm~20cmばかり沈めて上下に小刻みなアクションをつけながら流す方が効果的である。スレていない場合であれば大型でる可能性の高い釣り方でもあります。

この流れの筋に沿って自然に流し、小刻みなアクションで誘いをつけるテンカラ釣法をルアーフィッシングに取り入れないかと考えたのが「メタルツイスト」というルアーです。>>>詳細はコチラのページ

ルアー自体は重く、テンカラの毛バリや餌釣りの餌のようなナチュラルドリフトが難しいのは事実ですが、ルアーのドリフト釣法に新たな可能性が見い出せないかと釣行しています。

 
家族や友達と♪手軽に楽しめる管理釣り場

Return to Top ▲Return to Top ▲