渓流や管理釣り場(エリアフィッシング)のアイデアトラウトルアー研究所

フライフィッシングとテンカラ釣りの違いとは?

「フライフィッシング」と「テンカラ釣り」とでは、その考え方が大きく違います。「テンカラ釣り」は、日本の狭く急峻な渓流で、職業として効率良くトラウトを釣るために、長い時間をかけて編み出された「技」そのものです。それに対して、欧米の広く滔と流れる川で発達した「フライフィッシング」は、基本的に「マッチ・ザ・ハッチ」や「ナチュラルドリフト」など、フライ疑似餌の精巧さと自然な毛バリの流下に重点がおかれた釣りです。

これは、日本の渓流と欧米の河川では、その環境が大きく異なりことが原因となっています。欧米の広く滔と流れる河川ではトラウトは明らかに毛バリをセレクトしており、毛バリのイミテーションの重要性は否めません。これに対して、日本の狭く急峻な渓流においては、トラウトが毛バリをセレクトする余裕はほとんどなく、トラウトは常に流下する餌らしきものは千載一遇のチャンスと捉えれ、とりあえず咥えて、違えば吐き出すを繰り返しています。

そこで、日本においては、特に源流域(落差が大きく岩石の多いピンスポットのポイントが多い川)などでは「フライフィッシング」の「マッチ・ザ・ハッチ」や「ナチュラルドリフト」の重要性よりも、喰い気のある魚を探してテンポ良く釣り上がり、一瞬、水面に舞い降りた虫を演出して、毛バリで水面を叩いたり、引いたり、積極的に操作して川魚にアピールする「テンカラ釣り」の方に分があるように思われます。

フライフィッシングとテンカラ釣りの融合

「フライフィッシング」に関しては憧れを持つ釣り人も多いと聞きますが、実際、他の釣りと比べると「キャスティング」「ナチュラルドリフト」「フライタイイング」「マッチ・ザ・ハッチ」などなど、多く憶えることや修練など、知識・技術・予算などハードルが高く「アユ釣り」や「ヘラ釣り」と同じように人口が減っているのは頷けます。また、「テンカラ釣り」に関しては、職漁師などが自分の川に適した毛バリを開発して、密かに毛バリや技を守ってきただけあって、現在であっても、その存在の多くは広まっていないのが現状ではないでしょうか?

しかし、「フライフィッシング」や「テンカラ釣り」のトラウトが水面を割ってドライフライに飛び出す何ごとにも代えがたいエキサイティングな瞬間はもっと多くの方に知っていただきたいと思います。

そこで、「フライフィッシング」の敷居の高さを取り去り、「テンカラ」の効率良く釣るメリットを融合されるなど、これまでのそれぞれの拘りを捨て去り、もっとシンプルで自分のフィールドや趣向に合った新しいスタイルが生まれても良いのではと感じるようになりました。

オリジナルロッドの製作

rod
源流域や藪沢用に製作してみたのが、この「ブッシュレイダー(全長6フィート3インチ/仕舞寸法43cm)」です。インターラインでテレスコのショートロッドに外径6cmの小型リールを組み合せた物です。テレスコの「テンカラ竿」のティップ部分とグリップ部分を外し、必要な長さにカットして、新たにルアー用のリールシートの付いたグリップを付けています。後方のグリップエンド(取り外し可能)に孔を空けてラインの中通しを可能としており、先端のティップ部分にはゴムのキャップを取り付け保護してあります。先端よりライン(DT3F)を必要量だけ取り出してテンカラキャスト(リーダーフィッシング)で使用します。

特徴は、ショートロッドとすることで、木化け・石化けは必要ですが、源流や藪沢でもブッシュの間のピンスポットも打ち込め、竿抜けとなるようなポイントを積極的に攻略でます。誰も手を出さない、出したくても出せないポイントこそ大物が潜んでいます。そんなポイントでもショートにすることでシャープで正確な打ち込みを可能とします。また、ラインを中通しにすることでガイド絡みなどのライントラブルは皆無。さらに、ラインとブランクが一体化しているので、力の伝わり方がスムーズでキャストや合わせがしやすくなっています。このラインの中通しは、感度の面でも圧倒的に有利で、トラウトが喰ってくると手元までアタリが伝わる高感度であり、自ずと釣果もアップできます。

また、小型のリール(外径6cm)のスプールの際の窪みに親指を添えてパーミングしてロッド操作することにより、小さなストロークでのキャスティングを可能として、ロッドの操作性や安定性が高く、ブレも少なく正確なキャスティングが可能で、ピンポイントを担うのに適しています。
 
アブガルシア特集

Return to Top ▲Return to Top ▲