渓流や管理釣り場(エリアフィッシング)のアイデアトラウトルアー研究所

MFDフライ

メンテフリーで絶対沈まない「MFDフライ」

ドライフライでのフライフィッシングの醍醐味は、なんと言っても魚が水面のフライに食いつく捕食の瞬間が見れることでしょう。水面にトラウトが躍り出る様は、何度見てもドキドキしてしまう、実にエキサイティングな瞬間です。

しかし、このドライフライを水面に浮かべるには色々とやっかいな事が多くあります。フロータントを施したり、キャストでフライを乾かしたり、フライドライヤーに挟んで水分を取ったり、フライパッチで休ませたり、と様々な作業を必要とします。渓流では夕マズメの貴重な時間、管理釣り場の次々とヒットする場合には、これらの作業が頻繁となります。

この面倒な作業を失くしたのが、この絶対に沈まない不沈ドライフライ「MFD(メンテンナンス・フリー・ドライ)フライ」です。ボディに発砲体とエアロドライウイングのみを使用して、羽毛などは使わずシンセティックマテリアルだけでタイイングしたドライフライです。「簡単」「低コスト」で面倒な作業も必要なく良く釣れるドライフライです。

渓流では、これ一個さえあればテンポ良く軽快に釣り上がれます。また、管理釣り場では、水面に叩いてペレットを意識させたり、少し引いて誘いを入れて浮上させたり、とこれまでのドライフライでは為しえなかったことを可能としてくれます。

フライフィッシング、またドライフライは難しいという敷居の高さを取り除いてくれ、多くの方にドライフライの醍醐味を簡単に体験していただけるフライです。
 
※管理釣り場で日中でも非常によく釣れるドライですが、唯一の欠点は噛まれたら割れちゃいます。
ニジマス
 
アブガルシア特集

Return to Top ▲Return to Top ▲