渓流や管理釣り場(エリアフィッシング)のアイデアトラウトルアー研究所

大物スポットのボトムをメタルジグで狙う

赤いメタルジグ
管理釣り場での大物トラウト狙いというと、ブラウンやイトウが中心となるのだが、大物は一日の中で餌を求める回数が少なく、生きてきた知恵があるため、疑わしい餌には手をださない。これは必然的に、一般的なスプーンをほとんど追わないということになります。まして、大物トラウトは底にへばりつくように定位しており、小さな岩やちょっとした変化があるだけでも、そこに身を寄せて動こうとしないのもいる。

こうなると当然ボトム狙いとなるのだが、ルアーが着底するまでカウントダウンしてからスローリトリーブで底をトレースしたり、着底したルアーをリフトアップやリトリーブして泳がせてから、もう一度底まで沈めるボトムノックなどの攻略が一般的となります。

ここで独自のメソッドをご紹介したい。小型のメバル用メタルジグを用いたジギングである。

ジギングというと大げさだが、あくまでイメージで捉えていただきたい。底でじっとしている見えている大物や大物が潜みそうな場所に、小型のメタルジグをキャストして素早く沈め、その場で移動距離を抑えたアップダウンを繰り返すだけである。

見えていると良くわかるのだが、当初は知らぬ顔の大物トラウトだが、必要以上に目の前でしゃくりを繰り返されるとイライラするのか、せっかくの安住の場所を邪魔されるのを嫌うのか、ネチネチと粘ると威嚇する為にバイトしてくるのである。これは回遊している一般的なトラウトには全く効果が無いのだが、ヒットすれば必ず底にいる大物である。

この際に使用するジグは様々試したが、3g前後の小型ジグで色はマットが良い。メタルジグというとフラッシングが重要だが、光ると逆に逃げ出してしまうので、フラッシングしないものが良い。私的にはトラウトにボトムでシルエットが掴みやすい赤が有用と思います。さらに付け加えると、理由は解らないがジグの目の部分は取り外した方が万全だと思います。

活性が落ちてきて、スプーンのタダ引きに飽きてきた時など、数釣りとは少し違ったゲームを楽しんでみたらいかがでしょうか?
 
家族や友達と♪手軽に楽しめる管理釣り場

Return to Top ▲Return to Top ▲